上州連合隊長 最新釣行記
オカッパリ隊長 最新釣行記
1/12尾瀬フィッシングライブ
尾瀬フィッシングライブに行ってきました。
朝の気温は−4℃。
幸いにも風が吹いていなかったので、体感気温はさほど寒くありませんでした。
釣券を購入した後、お店の人に情報を聞いて・・・
am8:00より釣開始!
まずはスプーンで一投目・・・いきなり大型がヒット!・・・バラシてしまいました。
「やっちゃったかな?」
僕の中では、「最初に大きいヤツが掛かって、しかもそれをバラした日は魚が釣れない」というかなり的中率の高いジンクスがありまして・・・
その後、掛かってはバラシての繰り返しで、最初の魚を手にするまでに一時間以上も掛かってしまいました。
ここ(尾瀬フィッシング・・)にきた時は、苦手な釣の練習とか、新しい釣り方のテスト等、言わば「修行」に来ているつもりなのですが・・・
この悪い雰囲気を打開すべく・・・「くろかわ虫」を投入!

程なくして2匹目!
またすぐに3匹目・・・4匹目・・・。
太陽も高くなり水温も上がって、魚が動き出してきたのか・・・
「くろかわ虫」が強いのか・・・。
昼食の休憩までの間、十分に魚の感触を味わう事が出来たので・・・午後から自分の課題に余裕を持って取り組む事が出来ました。
 
当日の使用タックル
ロッド  ジャクソン虎豹  リール  ステラ1000PGSDH
ライン  PE4lb    リーダー フロロの0.8号
ルアー くろかわ虫(オリジナル) くろかわ虫(2)
上州くろかわ虫連合          構成人数約1名
垣内師へ・・・ お財布にヒモ付けましたのでご安心下さい。
4/17犀川
足掛け2年目になる犀川の報告です。

今年も今回で4回目の釣行になりましたが、未だポイントへのアクセスや、駐車場の確保等を
探してウロウロしてることの方が多い感じです。

今回は有名ポイントの一つ「犀川橋」の上流部にエントリーして釣を開始しました。
時期的な要因も有るでしょうが、「ボトム(川底)を取りながら流すのが良い!」という情報を
入手したので・・・最近ではクランクベイトを試しています。

まずは、流芯めがけてややダウンクロスでキャストして・・・
ルアーが着水したら一瞬送り込んでからゆっくりロッドを立てて行き・・・
ルアーがボトムを掴み出したらゆっくりとリトリーブしながら扇状に探っていく感じで攻めて行きました。

釣り開始から30分位して少し上流部にある人工的に作られた岬によって川幅が絞られて、早くなった
流れが幾分広がって落ち着き始めた辺りで・・・ゴン!
 
これでもか!と言う位追い合わせをくれて、格闘の末取り込んだのがこの魚でした。
今回の使用タックル

ロッド   kakipuro76
リール  07ステラ2500
ライン  レグロンFW10lb
ルアー  ベイトーX(金黒)
 
ニジマス 53cm  
 
4/28利根川、黒部川水系
こんにちは。
なんとGWになってやっとバス釣りですわ。
今年は八景島シーパラダイスに江ノ島水族館と親子で年パスを購入した為、そっちへ流され気味です・・・・。
でも、今年はなんとか10回くらい釣行したいなぁ?(去年も8回しか釣行してませんが...)

さて今日も子供と一緒なので午前中で勝負をつけて、午後からは子供と遊びながらノンビリと釣るプランです。
すぐに4'カットテールのDSで1本獲ったものの(20070428a)、このあと午前中は1本追加のみ。
アタリさえありません...濁りがヒドイのでもしかしたら魚浮いてる?
と思い、スイムベイト、クランクなんかでも流してみたが、これも反応無し。
GWにこのショボイ展開は何?記憶に無いぞ。子供と一緒で厳しい所を攻められない!ってことを差し引いても、
釣れなさ過ぎる。ホントに全く釣れる気がしません。
こんな時は子供とサッカーしたり(軽く1hつぶれます)、雑魚獲りしたり(コレも軽く1hつぶれます)しながら次の作戦を
考えましたが何も思い浮びませんわ...
さらに悪いことは重なるもので家のキーもロスト!(特殊キーでコピー作るのに\5,000も掛かるんです...
涙 → 拾った方が届けてくれたため後で戻ってきた...これはラッキー)
午後からは、ひたすらランガンしてなんとか3本獲りましたが30前後のちっさい奴ばかり...
いったい何処行ったのでしょうか?今年はどうなるの??
これに懲りず5月に再挑戦する予定です!
・釣行日時:2007年4月28日(土)
 4:50〜15:40 利根川、黒部川水系
・天候:
 曇り 時々 晴れ 15:40〜大雨で撤収
・タックル:
      @インスパイア”エアリアル”+ステラ3000+フロロ5ポンド(ダウンショット用)
      Aコンバットスティック”スーパーウォーリアー”+アンタレス+ナイロン20ポンド(スイムベイト用)
・釣果:5本(すべて4'カットテールのDS)
6/9利根川、黒部川水系
バス釣りに行こう行こうと思っていたが子供の運動会、自治会の運動会などあって気がついたらもう6月になっていました。
ヤバイ!TOPで十分勝負できる季節になってしまった。でも暖冬の影響か?
さっぱり釣果が上がらない今年はどうなるのでしょうか?
 ズバリ今日も迷わずTOPとビッグベイトを打ち続ける予定です。
期待通り?朝一に入った水門で、POP-Xの高速首振りにストライク!

アフターから回復の元気な40クラス。
F1-51X
でイイ感じに引きを楽しめました。

このロッドはデカイ奴を止められないが、ルアーを弾かずノリが最高!
おかっぱりでTOP(スモールプラグ)を遊ぶのにピッタリ。
 この後は反応が無くいつも通りひたすらランガンしていくと...
本流の広範なシャローエリアでの反応がほとんど無く(盛夏に良いポイント)、水門周りや船だまりなどの
流れの弱いポイントが良かった。
時期的にアフターの魚が一時的に休憩する場所になっているのでしょうか。
水底の見えるドシャローにも結構入っていました。
そう言えば田んぼのホソで雑魚捕りした息子のタモに3cm位の稚バスが2回入りましたが、まさかホソが
スポーニングエリアになっていたりするんでしょうかね?

シャッドの群れもそこいら中にいて時々バスっぽい魚がボイルしているが、ルアーへの反応はありませんでした。
午前中は様子を見る為、POPで反応があったときはフォローにシャロークランク、ジャバロンなどを入れたけど、
コレには全く反応ありませんでした。
念のためにチェックで入れたダウンショットにも25クラスのバイトしかなかったので、自分の獲る魚はTOPしかない!
と言う事にして午後からはPOPとビッグベイトで勝負。
 結局、ビッグベイトにこそ反応無かったが、POPで飽きない程度に45クラスまで追加できました。
これで今年の夏も何とか行けそうな感触が掴めて安心できたかな。
次回は梅雨入りしてると思うのでカッパ着てがんばりたいと思います。
・釣行日時:2007年6月9日(土) 4:30〜18:30(4:00で十分明るい!
 あと30分早く出撃しないと)
・天候:晴れ 時々 曇り 15:40〜大雨で撤収
・タックル:
 @エアリアルステラ3000+フロロ5ポンド(ダウンショット用)
 AF1-51Xアンタレス+ナイロン12ポンド(TOP用)
 BHGC-58XR+アンタレス+ナイロン20ポンド(ビッグベイト用、POPで使ったら弾きまくり)
・釣果: 11本(POPで10本、4'カットテールのDSで1本)
7/14菅沼
芦ノ湖に始まり、中禅寺湖と・・・
今シーズンも湖の鱒釣りは惨敗に終わりました。

少しでも癒されたら・・・などと思いながら菅沼に出かけてきました。
丸沼を挟んで大尻沼と菅沼は1年交代で解禁・禁漁を繰り返していて、今年は菅沼が解禁の年になります。
前回の解禁時の情報では・・・
「かなり釣れるよ!」なんて話はきいたものの、何せヤラレっぱなしが続いているので釣堀用のタックルまで
一通り持ち込み受付でボートの手続きとタックルチェックを済ませます。
 
受付からボート乗り場まで結構距離があるのでエレキ持参の方は何か運搬具を持っていったほうが良いかと・・・。
リヤカーに荷物を積んでる人もいたので、もしかしたらリヤカーが借りられるかもしれません。
電話で確認してみては?と思います。
ボート乗り場は遠浅の砂浜で、エレキの取り付けに若干時間を取られましが割と早い順番で船を出す事が
出来ました。
 
湖に向いすぐ左側にある流れ込み周辺に実績があるようで、早くに船を出した人達は周辺に集まっていきます。
その集団を様子を見ながら流れ込みに隣接してる岬の先端から「カキプロSF90」で釣り開始!
・・・の2投目で最初の魚を釣り上げました。

その後は、増えていく船団を避けるように未だ人の入っていない場所を打って行きましたが・・・
なかなか2匹目が続きません。
3時間くらいかけて全体を一周した所で周囲の様子を見ると、実績のある流れ込みに集まっていた人達も
少しは散らばった感じだったので隙間を縫ってお邪魔させてもらい今日の2匹目。
周辺の駆け上がりをチェックしながらもう一匹追加。
この時点までの状況として、水中に餌が無いのか、オーバーハングしている木の枝の下にたまっている魚が
やけに目に付きました。

そこで、タックルを持ち替えて、小さいルアーでオーバーハングの下についている魚を狙って行きましたが・・・
当日の天気(雨⇔曇り)の影響か、浮いてるもの(トップ)への反応はいまいち、ならば!と「くろかわ虫」を結んで
様子を見ると・・・悪くないぞ!
色々とアクションを替えたりして試した結果
「くろかわ虫・2」のPrオレンジを連続小刻みシェイクが一番反応が良く・・・4匹目をキャッチ!
 
残りの時間は・・・結局今シーズン、バラシ癖だけが憑いてしまった「KakiPuro95」に釣癖を付けるべくタックルを
持ち替えて再度湖一周の修行に出かけました。

ボート乗り場から遠く離れ、禁漁区との境に浮いているブイの辺りまで来たときにちょうど良く風が当たっていて
水が動いてるエリアを発見!
その駆け上がり周辺を攻め始めた何投目かに・・・
待望のkakipuroフィッシュを釣り上げることに成功!

その後時間いっぱいまで釣を続けもう一匹追加した時点でこの日は終了となりました。
使用タックル
ミノー用:
 ロッド  kakipuro76
 リール  07ステラ2500
 ライン  レグロンFW10lb
 ルアー  kakipuro-95(アルビノ)
      kakipuroSF−90(アルビノ)・(将丸)
くろかわ虫用
 ロッド   UL 6.6f 
  リール    ステラ1000PGSDH
  ライン     PE4lb + フロロ0.8号
上州 他の人達はどの位連れたのかな?連合  構成人員 約1名
 ps:レギュレーションで決められてるバーブレスシングルフックの
   タックルチェックがありますので準備万端で、出かけてください。

7/21利根川、黒部川水系
 ここのところ残業続きで20日(金)も23:00時過ぎ帰宅とかなり疲れ気味でした。
先週の台風の影響も考え合わせて釣行を迷ったが、2日前に買ったばかりのニューロッド”
スパイラルドラゴン”と新しいルアーを試してみたかったので、1時間の 仮眠後に出発。
今週も子連れ釣行スタートです。
 実は七夕バス釣行したのですが、結果はトータル9本(TOP2本、シャロークランク5本、
ダウンショット2本、最大46cmは予想外のダウンショット)で30前後メインと不本意な結果に
終わっていました。
今年は6月以降の自分流夏パターンが全く不発でしたが(2回しか釣行していないが...)、
今日もいつもどおりにザグバグ、POP-Xで広く探っていきました。
先週の雨台風による激濁りを予想していたが、意外や濁り無し。
いい雰囲気だったが30分ほど流してやはり出ないので、今回はTOPを早めに見切り、
FS-60に換えて同ポイントで
少し潜らせてみたら・・・・・
あっさりHit!...
これがブリブリの45cm。
さらに次の一投にも・・・・・
同サイズがヒット!
今年のこれまでの鬱憤を
晴らす上々の出だしです...
っが、その後は今年の不調を象徴するように反応が渋く、広く探ったクランクに単発で
出たりするものの、狙っていたポイントでは全く出なかった。
 お昼までに運良く?5本...やっぱり2007年のバス釣り状況は私的に非常にキビシイ
 ものがあります。
 ところでニューロッド”スパイラルドラゴン”ですけど、オカッパリ用ショートロッド兼こども用として
購入したが、4'7"と短いのでグラスのくせに持ち重りも無く、TOPも予想以上にキビキビ動きました。
シャロークランクも張付くようにフックアップしています。
45upを2本ともブチ抜いたけど全く不安なし。
値段からは考えられない高いレベルのロッドです。
(もう一本欲しいんですけど、もう入らないんですよね?)
 午後から予報では期待できなかった”風”が上がってきて、イイ感じで護岸がバシャバシャ
し始めました。
ここは一発狙いのビッグベイトの出番です(今年は完全に期待を裏切ってますけど)。
TOPへの反応が悪いので少し潜りめの方が良いと判断し、初ジャバロンハードをセット。
泳ぎをチェックすると、ジャバロンに比べると遥かに安定した泳ぎで高速巻きでも全くバランスを
崩さない。
同じく今年出たハイサイダーはフローティングなのでゆっくり表層を引けるが、ジャバロンハードは
シンキングでゆっくり表層引きできない(でもゆっくり表層引くのはジャバロンでやればいいのか)...
同じ多関節系ルアーだが性格はかなり異なるなぁ・・・・などと色々考えながらスイムテスト的に流して
いくと想定外の”ズンッ”という衝撃...
久しぶりにドラグが滑ったが、ピットバイパーに20ポンドなので
ドラグを指で押さえて強引に寄せました。
今克ウリの閂フックを含めて3本ともフックアップしていたので
ちょっとデカかったが”エイッ”とブチ抜いたら...
これまた久しぶりのジャスト50でした。

 釣れたことに半信半疑でさらにスイムテストしていくと
またしても”ズンッ”という衝撃...
これまた閂フックを含めて3本ともフックアップしていたので”エイッ”と、ブチ抜く!
さっきよりも引きは強かったが50には届かず、でもブリブリの48cmでした。
 あとは子供に釣らせるだけ...キャストしてアクションさせてフッキング〜
キャッチまで全て自力でね、ガンバレ!。
シャロークランクと風神を使わせて日没までかなり粘りました。
結果、風神には相当でました...残念ながら魚が小さく(ギルもでた)、フックアップせず。
それでも子供は突然”バシャッ”と出てくる魚に嬉々としていました。
盛夏になってもっとTOPへの反応が良くなれば確実に釣れることでしょう。
次回こそ釣りあげて欲しいもんです。
●釣行日時: 2007年7月21日(土) 4:15〜18:30 利根川、黒部川水系
●天候: 雨 のち 曇り、濁り無し
●タックル:@スパイラルドラゴン+アンタレス+ナイロン12ポンド(TOP用)
       AHGC-58XR(ピットパイパー)+アンタレス+ナイロン20ポンド
         (ビッグベイト用)
●釣果(ヒットルアー):9本(FS-60・・・4本、ザグバグ・・・2本、ジャバロンハード・・・2本)
      →ザグバグに2本ってところが今年の夏の不調を象徴しています。
9/14犀川
今シーズン通い詰めている長野県の犀川です。
釣果のほうは・・・なので、報告も・・・になってます。
最近は、同じポイントばかり通っています・・・
と言うのも、姿を見たわけでは無いので断言は出来ませんが毎回のように、凄く押さえ込まれるような
アタリを感知しています。
フッキングが決まらないのか、あるいはゴミetcなのか・・・果たして魚なのか?
そればかりが気になっていましたが・・・。
この日もダウンクロスの作戦で、いつもの場所より釣り開始。
この前の台風の影響なのか水量も増えていて、水は少し濁っていました。
予定の半分くらいまで釣り下って見ましたが・・・異常なし!
「あのアタリがでる時はこんな感じでドリフトさせてたんだよなぁー」
などと考えながら釣りしていたら、例の「押さえ込み」を感知!
一度アワセを決めた瞬間、全く動かなかったので岩かな?とも思ったのですが・・・
すかさず二度、三度と追いアワセをくれてテンションを保ったまま何秒か耐えていると・・・
ゆっくりと流芯を目掛けてラインが動き出しました。
今までに経験した事の無いような重さで動いて行くラインに一瞬「これ魚?」と考えてしまいましたが・・・
「いや絶対魚!絶対魚!」と自分に言い聞かせながら慎重にやり取りをこなし・・・やっとの思いで
ランディング出来たのがこの魚でした。
経験の少ない僕には魚の引きを楽しむ余裕は有りませんでしたが・・・
一通り事を済ませ無事魚をリリースしてから約15分間、河原で
放心状態&激しい胃痛を満喫してきました(笑)。

使用タックル
リール  07ステラ 2500
ライン  レグロンFW10lb
ルアー  ビジョン110
魚 ニジマス:50cm
上州 相変わらずのピンぼけでスミマセン連合  構成人員約1名

PS:多少は糸ヨレを直したりしていますが、07ステラに変えて30日以上釣りしてますが、今までのような
   ライントラブ
ルは一度も有りません。垣内さん薦めてくれて有り難うございます。
   思い切って購入して本当に良かったです。
9/21犀川

9月いっぱいで禁漁になってしまうので、スケジュール的に今年最後の犀川釣行です。

この日も朝一から前回と同じポイントに向いまずは状況観察。

前回来た時よりも川の水量が少なく流れも若干緩くなっていました。

流速的に少々物足りない感じもしましたが、移動する時間ももったいないので取りあえず釣り開始。

「今年最後」と言う事も有り、予定した区間をいつもより丁寧に釣り下って見ましたが・・・

「まったく異常なし(涙)」。

もう一度同じ区間を流そうとも考えたのですが、1つ上の瀬まで移動して釣り再開しました。

以前この瀬に入った時は流速が少し早すぎる感もありましたが、水量の落ちている今日に限っては
とてもよい感じ!

流れを見ながらベストの流速のやや上流から釣り下り、「このくらいの速さかな?」と思っていた辺から
慎重にドリフトを繰り返していると・・・

グーンと押さえ込まれるようなアタリを感知!

しっかりと合わせをくれてやったもののただ重くなっただけだったので岩かな?とも思ったのですが、
すかさず追い合わせをくれてやると・・・

ラインが上流へ向けて走り出しました。

非常に滑る底石と、尚も上流に向かって走っていく魚との格闘の末とか無事ランディングに成功!

上がって来たのはニジマス(48センチ)でした。

シーズンを振り返って見れば、色々と苦労した犀川でしたが最後にようやく回答をもらえたようで
とても嬉しい一匹となりました。

使用タックル
リール  07'ステラ2500
ライン  レグロンFW10lb

ルアー  ビジョン110

上州「今年は勝ち逃げ」連合     構成人員約一名


10/13利根川、黒部川水系
お久しぶりです。先日の釣行記です。

 さて、久しぶりの釣行で状況は全く???なので、子供とノンビリ遊びながらTOPを撃ってきました。
子供が一緒ではタラタラDSやっている訳にもいかないので勝負の遅いスピニングは持参せず。
やる気のあるバスをひたすら拾っていくには私的にTOPしかない!(というかTOPをやりたい)
 朝一(5:40頃)、水門の絡むシャローを延々とザグバグで流しはじめた。
ところが前日に巻き換えた14LBナイロンラインが硬めでザグバグ、POPは動かず...
仕方なくワンサイズ大きい(というよりウッドで浮力のある)アンナポップへチェンジ。
久しぶりに使ったら相変わらずイイ感じです。

 最初の30分ほどの間にフックアップに至らないものの、2度バイトがあってちょっと安心...
時々今シーズン絶好調のFS-60を投入したけどバイトは無いので、そのままアンナで流しました。
そんなアンナに突然”ゴボッ”とストライク!アンナが一瞬で消え、合わせる間も無く・・・・・・
スパイラルドラゴンがバットから結構曲がった。
こりゃ楽しい〜って余裕をかましていたら、下に下に突っ込むサカナのパワーがアップ。
おっと、ヤバイ!ロッドにパワーが無い分、かなり強引に寄せました。
魚は大きかったが、フック2本ともガッチリかかっていたので”エイッ”と強引にブチ抜き。
ロッドパワーは無いが、短いので案外抜き易いような気がする
(前にデカイのをハンドランディングしようとして指にフッキングして以来、なるべくブチ抜くようにしてます)。
コイツが一発目から50アップ。
風の上がるPMにビッグベイトで
ブチ抜く予定だったが・・・・・
あっけなく釣れてしまった。
嬉しいのだが・・・・・
何か拍子抜けだったりする。

しかし朝一のポイントはこの一本のみ。

 次も水門周り。
ここでは水門の中にぶち込んだら、壁際から猛然とダッシュしてきたバスがまる見えで・・・・
見事にストライク!これは40チョイくらい。
アンナだけでサッと流して次に移動。その次も水門周り。
水門の外側から撃っていって最後に忍び足で水門の中にポトリ...
チャッチャッと軽快に首振りさせるとストライク!
一気に水門外の深みに突っ込まれたが、コイツも強引に寄せてブチ抜き。
下手に遊んでいると川には何が沈んでいるか分らないので勝負は・・・・
早目が定石(何度、巻かれてブレイクしたことか...)。
なんか調子出て来た感じっす。
コイツは47cm。
まわりを見渡して・・・・・・
単純に付いていそうなストラクチャを
撃っていくと、またしても豪快なバイト!
ところが・・・・
ルアーのピックアップ直前で間合いが取れず、
一気に竿をのされてラインブレイク...ガッ、

朝一に50ゲットしたアンナもろとも魚は何処へ...ルアーだけでも返してくれよ〜(涙)。
フックは全てバーブレスにしているので少し待ってみたが...浮いてこなかった。
(以前ザグバグが浮いてきたことがあった)
気を取り直してルアー交換。
アンナの予備を持ち合わせていなかったので、同じようなアクションのREPLY04”リーチトップル”を結ぶ。

これがまたイイ動きだった。
リーチトップルにも直ぐにバイト!
コレは46cm。

 リリースして何気なく対岸に目をやると、黄色い物体がプカプカ...アンナ?
ダッシュで近くの橋を渡って3投目でキャッチ。やっぱりバーブレスで正解でした。
お魚さんには優しくしなさいってことかも。
 結果的にキャッチできたのはこの4本だったが、このあとも激しいバイトでフックアップ3度...
残念ながら全てバレましたが、小バスは何処へ行ってしまったのでしょうか?
PMからは風が上がったので、ウインディーシャローをジャバロンハードで流しましたがコレは不発!
 夕マズメには、子供のシャロークランクにもデカイ奴が出たが、ヘボいスピニングでドラグが効かず
竿ものされてラインブレイク!このロッド、ベネッセの小学生向け通信教育で溜めたポイントでもらった
やつでイマ5位な代物だが、本人はとても気に入っている。
お父さん的にはちゃんとしたロッドを用意しているのだが...
ところでこの時ブレイクしたルアーも10分後くらいに浮いてきました。
2回とも浮んでくるとはホントにラッキー。
今年は11、12月にいろいろと用事があるけど、運が良ければ一回くらい行けるだろうか?
無論、TOP撃ちますよ!
●釣行日時: 2007年10月13日(土) 5:40〜17:00 利根川、黒部川水系
●天   候: 曇り 時々 晴れ、濁り無し
●タックル : @スパイラルドラゴン+アンタレス+ナイロン14ポンド(TOP用)
AHGC-58XR(ピットパイパー)+アンタレス+ナイロン20ポンド
                              (ビッグベイト用)
● 釣 果 :
4本(ヒットルアー:アンナポップ・・3本、リーチトップル・・1本)
 →たまには昔のルアーを使うのもいいもんですな。
トップへ こんなの釣れました
メニュー
製品情報 m87星雲 ショッピング
 著作権はプロショップマリンが所有しています。無断の改変・転載は禁じます。  
 Predater Kakiuchi
 (C)200107 ProShop Marin
 Produced by Predater Kakiuchi